東和モータースCARBBY ターボキット取り付け

国産・輸入車問わず、メンテナンス・修理・カスタマイズにも対応

キャンピングカーの製造・販売を行っているロータスRVが運営している、キャンピングカーのお医者さん「Dr. RV(ドクター・アールヴィー)」のメンテナンス・修理・カスタマイズの事例をご紹介します。当社では、キャンピングカー専門の愛車健康診断「RVチェック」をはじめ、オイル交換や車検整備といった基本メンテナンス、ヒーターやエアコンの設置、エンジンやブレーキなどのオーバーホール、インテリアのリフォーム作業まで、ビルダーとしての経験とノウハウを活かして対応しています。

東和モータースCARBBY ターボキット取り付け

2022/08/01
カスタマイズ事例

写真01

  • 写真01
  • 写真02
  • 写真03
  • 写真04
Dr.RV 三芳工場

東和モータースCARBBY東和モータースCARBBYにターボキット取り付けいたしました。

マツダ ボンゴ L8エンジンに取り付け可能です。

以下、取り付けされたお客様からのレビューとなります。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

取り付けお客様 M様

ボンゴトラックベースのライトキャブコンに、ロータスRVさんのボンゴL8エンジン オリジナルTURBO kit積んでみました。

エンジンなど素人の自分が運転時に感じた、感想をざっくりと。

車重の重いキャンピングカーでも走り出しから滑らかです。

走り出しももちろんですが、時速30キロ〜50キロの走りが激的に変わりました。力強さがあり、以前感じたもたつきのストレスを感じません。

それ以上のスピード走行時は、アクセルを軽く踏んでるのに、後ろから押されているかのような軽やかさ。

車重の重いキャンピングカーですので、制動の為の車間距離と、軽めのブレーキを気をつけて運転してる感じです。

高速道路の料金所ETCレーンでの減速からの再加速時や、山道走行でのカーブの出口等、スムーズで快適な運転に変わりました。

低中速走行域のトルクが太くなり、車重の重いキャンピングカーが普通乗用車運転時により近い感覚で運転出来る感じです。

燃費は、積載荷物の荷重やエアコンの使用、運転の癖等あり、一概に比較できませんが…今回は荷物や人数はいつも通り、猛暑日エアコン前後使用、山梨県の道志村(山道あり)を往復走行距離160キロで、ターボキット積載前より約20%ダウンしました。

その後、宇都宮から千葉高速道路使っての燃費は、ノーマルエンジン時より11%ダウンしました。

想定の範囲内です。

音に関しては、運転席の下にエンジンが有りますので、アクセルを緩めた時にターボの吹き返しの音がしっかりと聞こえます。

個人的には好きですが、人によっては、うるさいと感じる方もいるかな?と思います。

以上が、ターボキット積載後の感想です。

興味ある方へ、少しでも参考になれば幸いです。

トップへ戻る